06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.04/25(Mon)

今更かよと思いつつ考察 今後はどうしよう 


昨日は日曜、飲み会開いてそのまま就寝

今日はお休みだったのでゆっくり寝ていました・・・

この季節は本当に疲労度はもりもり上がって下がらないから困る

モンスターファームなら寿命が確実に3~4週は減っています


で、まどか☆マギカに対しての自分なりの考察を

ぶっちゃけ後に書きたいSS(書けりゃいいんだが)のための引き金探しなのですがね



1.真実が幸福とは限らない

ようするにトゥルーエンドが必ずしもハッピーエンドというわけではないこと
色々なゲームでいくつかのフラグを立てるとEDの後に後日談が追加されたり、EDの内容が微妙に変わったり
だけどその内容が色々の事象の原因となった根源を完膚なきまでにぶっ壊す過程を書いていても
しんみりするばかりで、「ああ、確かにやったんだな・・・終わったんだな」的なものだと
なんというかやっぱりしっくり来ないというか
ハッピーエンドの定義は人それぞれですが、少なくとも私的には

大団円

この定義もそれぞれですが、
悪は完全に滅びさリ主人公側には誰しも幸せな笑顔と日常を
それを基本骨子と考えればまどかの終わり方がハッピーエンドと聞かれれば首を捻る
まどかは概念に昇華され、ほむらは一人世界に残されまどかのために戦い続ける
魔女はいなくなったが魔獣が生まれ相変わらず世界は不可視の脅威に晒されている
何より魔法少女の末路は魔女にならないだけでその基本的な理は変わってはいない
一つの結末としてはあり得るものでも、勧善懲悪な世界のケリのつけ方からすれば不正解だとは思えてくる
もちろんこの話は勧善懲悪の悪のQBを粉砕して愛と勇気の魔法少女地球を救う
なんて物語ではないのでお門違いといえばお門違いなのですが

最後の一枚絵の五人姿こそが本来のあるべき魔法少女の姿だったのではと・・・思うわけで


2.人は神になれない、神は人になれない

まどかは神にも等しい力を手に入れた
むしろ神そのものとなり世界、果ては宇宙の理さえ改変してしまった
過去、未来、それこそあらゆる次元に存在する魔法少女の救済その代償はまどか自身の存在の消滅
「どこにでもいる→どこにもいない」そんな場所まで昇華されてまどか自身は本当に救われたのか?
これはまどか本人にどこまで人としての意識が残ってるかによると思われるが・・・

まどかの願いはどちらかといえばまどか自身がこの魔法少女のシステムの一部分に組み込まれた
ある意味でこのシステムのアップデートを行った状態、
もしくは致命的なバグをパッチを当てて修正したような感じだ
システムの根本的破壊はしていないし(破壊したら洞窟暮らしらしいがそれを確かめる術は無い)
魔法少女となった少女たちの運命も『円環の理 by巴マミ』に誘われて結局は消滅である
実際、希望を祈った末路が碌でもないものなのは変わっていないのである

さやかなんて・・・言うには及ばず、全ての世界で恋は実らず的な言われもしてたし
変えようと思えば変えられる、無かったことにしてあげれると神様は言ってくれたが
頑張ったさやかちゃんを無駄にしたくないということで手打ち
いや、本人の思いを知っているなら無かったことにした方が楽だとは思うんですが・・・
むしろさやかもヤケクソにチクショーで成仏した気もしなくも無い
まぁ、彼女の場合は自分で自分の可能性を潰しているから神様でも手に負えない、という事も
考えようと思えば考えられるわけで

話は脱線しましたがそんなまどか神様は世界をどんな風に監視しているのやら
もし上記の通りただのシステムとして動いていれば意識もへったくれも無いで済みますが
人間としての感性が一片でも残っていたら・・・と考えると
自分の願いは叶ったから絶望しない
でも自分自身の本当の幸せはどこにあるのか? そんな問いがある時生まれないとも限りません
当然観測できる世界はどこにも自分の存在がいない世界です
親でさえその存在を抹消されているわけで、残っているのは特異点と化したほむらだけ
そのほむらだって魔獣との戦いの果てにはたして正常な意識を保っていられるのかさえわかりません
もしかしたら最後の状態は半ば魔獣を狩り殺すためのシステムと化している可能性だって否定できないはず
あんな翼を広げていればもはや人間としての概念は無いでしょう
翼に映し出されていたものはあのまどか神様を包んでいたものに瓜二つですし
魔女になれば魔法少女は生命としても存在としても死ぬわけですから
そういう意味では魔女化寸前の状態をまどかの介入で辛うじて動いているだけなのかもしれません
もしそんな様子を延々と(神にしてしまえばそれさえ一瞬、というより時間の概念は無いでしょうけど)
見守ってきたまどか神様に人としてのまどかがいたらなにを願うのでしょう
あの時は目の前のことで精一杯だったけど、
冷静になって考えれば自分はとんでもないことしでかしてしまったのでは?

例えは下品ですがオナニーの後の賢者タイムです

もしも神様が「私、なにやってるんだろう・・・こんなの絶対おかしいよ」

なんて考えたら世界はどんな風に変わるのか
どちらにせよ、このまどか神様の願いは叶えられてしまっている
これ以上の介入は無理で、ただ自分が出来る事は魔法少女が魔女にならないように死神のように正しき運命へ誘うだけ
システムを構築するプログラムとは脆弱なものです
たった一文字、言語の組み方を間違えただけで壊れることだってあります
その一文字が人間だったまどかの絶望だったら・・・

いわばまどかはデウス・エクス・マキナのように物語を引っくり返した
世界の中へ唐突に降ろされて「魔法少女の救済」を願い、成就させてしまった
しかしその機械仕掛けの中にある歯車一つが動きを止めればその神様は容易に動かなくなってしまう
本当に小さな歯車でも、神様を狂わすには十分過ぎるわけで
歯車の例えは「からくりサーカス」でも出てきましたが、きっかけなんて些細なものです
実際、デウス・エクス・マキナは機械で吊ってるから機械仕掛けなんで微妙にニュアンスは違いますが・・・
それに当てはめるなら機械はまどかとほむらが紡いだ因果の糸ということになるのでしょうね
その中の一本が絶望によってちぎれて希望の重みに耐え切れなくなれば、神様は地上に落っこちるでしょう
だけど今更神様に居場所なんて無いわけで・・・

「時よ止まれ、汝は美しい」

まどか☆マギカはあちらこちらで戯曲「ファウスト」を意識させるフレーズが登場しますが
ぶっちゃけ最後に救われてもそれまで碌でもない人生だったら正直報われないでしょう
救われたときは幸福でも、後で思い返してやっぱり駄目じゃん・・・なんて思うことは
日常においてもよくありますし
終わりよければ――、なんて本当に過程も含めて引っくり返さないと駄目なわけです
それこそ無かったことに、セーラームーンのごとくリセットかけたほうがマシですね
神様になったはいいけどやっぱり人としての忘れられないものがあった
それを求めても今更になって神様は普通の女の子に戻れない、この体は世界そのものだから

神になろうとした人はその在り方に自分を投げ出せず神にはなれない

人になろうとした神はその在り方に世界を投げ出せず人にはなれない

なんて時に誰かさんが願いを叶えてくれればいいんでしょうけど


3.こんな時、格好ツケは損をする

結局、なんでもかんでも綺麗に収めようとしたのが間違いだった
それこそ子供のように自分の好き勝手に世界を作り変えてしまえばどれだけ救いはあったのか
例え、今までの魔法少女が抱いた希望を無下にしようとも自分の世界を守り通せば良かったのではと
それこそ人の幸せを願い、それだけ人を呪うなんて人として当たり前のことを恨む必要なんて無いはずです
開き直って、むしろありのままを受け入れなかったからこんな世界に変えられてしまった
報われない因果に置かれているさやかだって正義の味方に潔癖抱いてあの様です
子供にも大人になれない、同時に両方でもある思春期の人間だからこそあんな風に自我が暴走するんでしょうね
世界との折り合いをつけられない、むしろつけられる存在が魔法少女になってしまえば
それこそインキュベーターのシステムを抹消されるかもしれません
インキュベーターが人類史に影響を及ぼさなくても因果の流れが必ず辻褄を合わせるとかやりそうですし
むしろ魔法少女の力自体が世界という因果の流れに影響など微々たるくらいしか与えられないとか
考え方というものは、いくらでも可能性を繋げることができるんですし




なんかカオスな内容になってきたのでこれぐらいにします
まぁ、宇宙レベルの改変をさらに引っくり返すにはどんなデウス・エクス・マキナを舞台に下ろすのか
考えてしまいますが、必ずや大団円に繋げられる物語が作れるように夢の中で考えます

あとは時間さえあればなぁ・・・(シンプルに書けば行けるか? 少なくとも1人称ではきつい


では、グッドナイト
スポンサーサイト
【編集】 |  22:34 |  日々の戯言  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。