10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.12/06(Mon)

続・STEPについて 

最初に、フォルダの中に転がっていたSTEPの外伝話(以前エロパロにも投下)

を短編のところにこっそり入れておきました


内容は避暑地を求めるストライカーズのお話




で、今日はSTEP全26話の中で誰が一番視点が多いのか誤字脱字修正の際についでに

カウントしていたものを発表してみたいと思います。

いや、自分でも誰が一番多いのか気になりまして


その結果はランキングで以下に

なのはSTEP


第1位

高町なのは

登場回数 61回 


当たり前ですよね主人公だし。

26話(パート含めて78話分)のザッピング総数が251回なわけで
ほぼ全話に彼女の視点からの物語が登場しています
出演が無いのは第7話と第12話
終始アルハザード側の話だった7話とアースラ組が中心だった12話ということを
考えると皆勤賞みたいなものです



第2位

フェイト・ハラオウン

登場回数 37回


公式ではフェイト・T・ハラオウンですがこっちは「T」はありませんのでご注意を
まぁあっちと比べると完全にこっちのフェイトは別物ですからね
私としてはこっちはちゃんとけじめをつけられたフェイトというイメージです
で、なのはには圧倒的差をつけられましたが2位死守です
やはり地球側、なのは側に話が動いているとまったく出番がありません
前半はミッドですから伸びが無かったのはおそらくそこらへんのせい
とにかく後半は年相応で天然みたいな感じでキャラを描こうと試行錯誤


第3位

アリサ・バニングス

登場回数 33回


やったね魔法少女化! やったねツンデレ! やったね(ry
本編じゃどんどん主人公の親友→モブ友人A→どこいった? 的なアリサですが
ここは違う。とにかく大暴れに大暴れを重ね、なのはをビンタ! フェイトと一緒にSLB!
すずかと共に駆け抜けた小4魔法少女ライフはきっとまだまだ続くもの
とにかく前半3~6話の出番が大半を占めるというのはお話的にはしょうがない

第4位

ユーノ・スクライア

登場回数 25回


すずかじゃねぇ!?
実は意外と出番の多かったユーノくんです
やはり本編じゃ出番なんてあるわけない状態で一部の派閥には嫌われ者と
散々な彼もここでは大いに目立つ存在です
全体的にバランスよくですが、やはりなのはの心へ突入したときの稼ぎがポイントだったようです

第5位

月村すずか

登場回数 24回

一票差なんて数の内に入らないよ
やはり元から大人しめなキャラだけあってストライカーズの中では頭一つ遅れてます
要所要所で押さえますが魔法少女化する3~6話でもアリサほど出番は少ない(アリサが多過ぎるんだ
一人称でやると口調はなのはと微妙にかぶるし、一人称自体「私」でフェイトとかぶるという
一見読むと誰の視点か分からなくなるという罠があったり
ストライカーズ4人で会話するときは分かりやすくするため地の文章でフォローしたり
一人称だとこういうところ難しいんだよね


で残る順位をザーッと

第6位 リニス 13回(アルハザード側の語り手としては順当な順位かな

第7位 アリシア リンディ 12回(アルハザード、アースラそれぞれのメイン視点ですからねぇ

第8位 クロノ 9回(リンディに出番を奪われる格好に・・・

第9位 エイミィ 8回(上に同じくか

第10位 忍 6回(まさかのスポット出演でも主軸なおかげか出番多し、意外だった

第11位 恭也 ノエル 4回(しょうがない、ここなんてほんとスポット出演だし

第12位 アルフ 3回(メイン勢なのに最下位でした・・・どういうことなの


偏り無く、といっても贔屓目は出てしまうものですね

さて、これで後は各話の私的感想を述べるだけ(ネタには困らない(オイ







スポンサーサイト
【編集】 |  20:23 |  日々の戯言  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。