09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.12/05(Sun)

読み返し読み返し ちなみにコミケにはいけない・・・orz 


師走です

今年も寂しいクリスマス

ああ、サンタさん

プレゼントくれるならもっと給料のいい会社に転職を・・・

それが駄目なら有り余るほどの時間を私目に


などとのたまう今日このごろ

さて本日は先日ようやっと色々修正かけたなのはSTEP

これについて思うことをちょっと書いてみたり



普通このような長編は途中で終わりますよね?(某エロゲの二次創作の設定と第一話、二話で更新が止まるあれみたいに

年月はありましたが、このシリーズが生きている間に終わらせられたのは本当に良かったとは思っています

やはり早いうちにどうにかするべきだった・・・のが本音ですけど



リリカルなのは STEP

そもそもこの話を思いついたのが一期終了後からしばらくしての続編の情報もまだ無い頃の話です。

最初に考えていたのはこれ簡単に続きできるなぁ・・・というおぼろげな構想

プレシアがアルハザードに落っこちてあのまま――、と考えるのはあまりにおいしいネタを捨てるようなもの

おそらく次があるならなんだかんだでフェイトのところへアリシアがやってきたりリニスがやってきたり

そんな話になるのだろうと・・・


その時に併走する形で頭の中にあったのが


アリサとすずかの魔法少女化

これ、大事です

みなさんはリリカルなのはの第一期の内何話が好きですか?

やっぱり最終回だったりするのが大多数意見かと思いますが


私個人は6話「わかりあえない気持ちなの」を推します


ジュエルシードが爆発したり、管理局に嗅ぎ付けられたり

思えばお話のターニングポイント

ですが、私はそんなのよりもアリサとすずかの二人にやられたわけです


意地っ張りで不器用なアリサの優しさから語られる三人が友達になれた経緯

屋上で髪をなびかせる二人の姿になにか心の中をグッと握られるものがありました

その後もなのはの心配をして、待って――。

そんな二人を見ていて思ったこと


この二人は非日常世界へ入る資格を持っている

原作者さんはどこぞではこの二人は「日常の象徴」などとのたまいて

二人が魔法少女になるのでは? という疑問をバッサリ切り捨てました


(´Д)ハァ?

正直な気持ちです

私としてはこの二人が日常の象徴というレベルには役不足だと思いましたよ

だって主人公であるなのはにとって普通の友人とはすでにカテゴリが違う存在では?

ようはCCさくらで言えばカメラ片手にさくらをサポートする知世の領域にまで昇華可能な友人ではないか?

力は無くても非日常に共に入り、時には巻き込まれ、時にはその機転でなのはに困難を乗り越える力を与えられる


そもそも日常の象徴というものは

普通に学校生活送る自分であり、友人であり


ゆったりと穏やかに流れていく主人公を包む世界全て

そうではないでしょうか? と知ったかぶりな感じで言ってみるテスト



ぶっちゃけそういう日常でトラブル→非日常で魔法→元の日常に
などというお話じゃないのがリリカルなのはですので上記の概念はまったくと言っていいほど当てはまりません

orz


などと紆余曲折あって考えた末の結論は二人も魔法少女にしてなのは、フェイトと一緒に

日常と非日常が織り成す世界を飛び回ってもらおうというものに



自分としては魔法少女もので一番出来ているのはやはりCCさくらだとは思ってますので

日常と非日常のバランスが最も取れていてかつボーイミーツガールもあるなどキャラ一人一人が邪険にされないという(友人の影響もあるのですがね・・・ふぅ

で、このころはエロパロ版になの×ユーものを投下していたり

その横でシコシコ作り始めましたよ、ええ


続編的な内容にアリサとすずかを混ぜ合わせ、さらにエトセトラ!


かくして、なのはSTEPは動きだしたということです

気がつけばアリサとすずかがなのはの性格を少しは子供の方向へ修正したり

フェイトとのもう公式では見られるはずも無い組み合わせも出せたり

なのはとユーノの関係は少しは進展させられたり



まぁ、こんな動機で始めて今に至ったということです・・・

でもやっぱりこのアリサとすずかにまともに魔法少女させてるってここぐらいじゃない!?
いや二次裏の文芸部でもベルカ式で魔法少女してた二人もいますし

有名どころでバーニングアリサもありますけど・・・(こちらはすずかは魔法少女とは言えないし


ちなみにいつもぜんぜん使ってない続きを読む

こっちに文章としての容量とかちょこちょこ書いておきます

なんか参考になりますかもしれません


ではまた


【More・・・】


で、そのなのはSTEP


視点は常に一人称でザッピング形式

1話あたり3つのパートにわけて進めるため話数は当然ながら増加

一応全話数としては2クール相当の26話

パート数では総じて78話という有様に


文章量はテキストデータとしては6.32MB

これだけじゃ想像つきません


割と文章量が多いと思われるタイプムーンのFATE

あれが4.29MBくらいだそうです


・・・・・・


あかべぇそふとつぅの「W.L.O.世界恋愛機構」

これは6.50MBだそうです


・・・・・・

これより少ないじゃん!!(゜∀゜)!!


俺何やってんだよ・・・・・・orz


ラノベにするなら、調べようとしてやめました

すげぇ怖い!

石の上にも三年といいますが

三年もありゃエロゲ一本、二本(テキストのみ)作れそうな感じらしいです



それを短期間で作り上げられる作家の皆さんの脳内コンピューター

マジしゅごい

ゆがみねぇな


以上、散々過ぎる内容でした。
スポンサーサイト
【編集】 |  20:11 |  日々の戯言  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。