04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.10/18(Thu)

10000記念 その一 原点回帰 



10000Hitしたところで私的に考えた企画

その第一弾は私とリリカルなのはとの出会いについてつらつら書こうと思う。

何故、今更、そんな言葉が拭えないものではあるが「初心、忘れるにべからず」なんて諺があるように、

ここに記しながら、私がこの作品の二次創作を書き、ここまでに至る経緯を今一度振り返ろうと思う。

あのころの新鮮な気持ちをもう一度この体に刻み、そして今の作品、新たな作品の糧にするために。


・そもそもこの作品を知ったきっかけなんて他愛ないもの

立ち読みしたアニメ雑誌(アニメディアだったけなぁ・・・)に新番組紹介で出てたのがそもそもの邂逅。

この当時はとらはも名前程度でなのはの存在なんてこれっぽっちもなかった私ですよ。

まぁ、ゆかりんが主役で水樹奈々に釘宮、清水・・・


視聴決定


中の人で見ようか考えていたという不純動機!


で、1話から常にリアルタイムで視聴して、当初はCCさくらのパクりなんて吹聴もありましたが

この当時私CCさくら自体に何も知りませんでしたからねぇ(後にNHKの再放送でチェックしましたが)

いきなり魔法バトルやら。魔法少女にAI音声やら突っ込んでいたのはなかなか新鮮でしたよ

そのうちSFチックな展開になり、フェイトと友情を育み、物語は完結。

及第点以上の出来、というか可もなく不可もなく。私にとってはそんな感じでした。というよりこのレベルが一番ちょうどよいのです。


・私が書く理由――欠損部位の補填、こんなはずじゃない世界の再構成

お話は終わってこの頃はA'sの情報もなかったですからねぇ。確か続編があるというおぼろげなものだったかと。

いろんな妄想が頭の中を行き交っていた、ある意味一番楽しい時期でした。

そこで一番に浮かぶネタと言えば


なのは×ユーノ


ではなく(オイ


アリサ、すずか


でした。


みなさんはなのはシリーズを通してどの話が一番好きでしょうか?


私は一期の第六話これ一押しです。

この回はなのはがジュエルシード集めに奔走するあまりアリサに叱責されてしまうお話。

その中でなのは、アリサ、すずかの三人が自分たちが友達になった馴れ初めと、自分たちのこれからを考える

ある意味ではなのはたちのことがよく描かれていた回です。

三人のそれぞれの友情の捉え方と共に三人がどんな人物なのかがよくわかる、そんなお話。


この話を見て、そして後に最終回を見終わって思ったこと――


この二人も非日常へ羽ばたく資格がある


つまりは二人の魔法少女化です。


おジャ魔女でも年を追うごとにどんどんメンバーが増えていったように、この二人も続編では絶対魔法少女になるだろうと。

そんな淡い期待を抱いていた私もおりました。

どこぞの原作者はこの二人は日常の象徴などと仰っていたそうですが・・・


二人は日常の象徴に役不足


これが持論です。

二人はなのはとほんの些細なことで、同じクラスで自然と友達になった

そんな関係ではないのです。

そもそも二人はなのはにとっては自分自身を顧みる時に一番に思い浮かぶ記憶の一端を担っています(言い切るのもどうかと思うんですが

二人は少なくとも非日常の切れ端に触れてもおかしくはない。

引き合いには出したくないのですが・・・CCさくらでいう知世ポジション。

共に戦えなくとも精一杯サポートをする。それ無くして主人公が動けないくらいに。

もし魔法少女になれなくてもなのはの秘密を知って、なのはが非日常での悩み(一期の場合はフェイトですか)を打ち明け

共に悩み、答えを見つける手伝いをする。

そんな役割を与えられたはずなのになのはは結局誰にも頼らず一人で答えを出す。

はたしてそれって本当に正しい答えなのかは知りませんがね。

その答えで突き進んだ結果が今の魔王だか冥王だか称されるエースオブエースの高町なのはかもしれません。


結局。一期はなのはとフェイトの友情ですから二人なんてどうでもいいのかもしれませんがね。


確かにA'sでは聖祥へ入学したフェイトを迎え入れ、そして話の端々で日常の象徴となっていたかもしれません。

いやまぁ、A's時点ではもうこの二人は日常の象徴にしかなれないんです。

役不足という前に居場所がそこしかなかった。

最後は意味もなく、何の前触れもなく、結界内に取り残されてなのはとフェイトが魔法少女であることを知る――。


(・Д・)ハァ?


それっぽっちかよ! それで終わりかよ! 家族のみんなにもお話だけで解決!?

正直、王道っていうのは外せないはずですよね、みなさん?

こういう日常の世界が非日常の世界を知るっていうのは大抵ハプニングをつけて

面白おかしく盛り上げなきゃいけないと小生は思っております。


(古い奴だとお思いなら・・・・・・そう思ってください)


何かがあって、何かを知って、物語を盛り上げるのなら起承転結。

そういえば二人があの時、結界に取り残された理由ってありましたか?

諸説では闇の書がはやてに関係する人間を取り残したやらあるそうですが・・・。


そういうネタは、一期の6話以降でやるとかしないと。

むしろ、あの時二人を結界の中に意味有りげに入れるな、と。

最後にこんなことやってましたってぶっちゃける場所に同席させれば良いじゃない?


確かに一期のあの場面ではフェイトで手一杯ななのはで

そこへアリサやすずかの問題まで浮上したらパンクしてしまいそうですが。

第一そこまで描写したら尺が足りないという致命的欠陥ですよね。



で、ここまで書いてきて私が何を言いたいかというと



二人のキャラを殺すなんてとんでもない!



極論に達してしまえばそうなります。

だからこそ二人は魔法少女になって日常と非日常、二つの世界でなのはとフェイト、後にはやてと


キャッキャッウフフ


して欲しかった・・・orz




そんな愚痴が企画第一弾なんて酷な事はないでしょう。




最後までとことんお付き合いしたい人はじゃあさらに続きをクリック!



【More・・・】

・かくして二人は魔法少女になった

私にとってエロパロ版で公開して処女作「彼女の守り手」

それと平行して作られていたのが「リリカルなのはSTEP」


なのはとフェイトにアリサとすずかが加わり、新たな事件と絆に一歩一歩進んでいく物語。


これを公開したのはA'sが始まってからしばらくだった気がします。

あのころのエロパロ版は何でもござれでしたから。

この物語を書くにあたって、まず第一に誰を敵にするのか?

当然、プレシアとアリシアで決定してました。

だって生死不明なんて絶対続編のフラグじゃないですか?

それにリニスを加えれば物語りはどんどん盛り上げられる。


なによりフェイト自身の問題と完全な決着がつけられる。


あのA'sのフェイトが闇の書の中で見た夢だって結局フェイトの都合通りに作られた夢だと思うのです。

やっぱりあんな別れ方じゃなくて、正面堂々向き合って本当に全てを終わらせて自分を始める。

そのためにはアリシアの存在も不可欠。


初めて魔法少女リリカルなのはA'sって聞いた時はキタコレなんて思いましたよ。

Aの複数形、つまり物語の鍵を握るのはAのつくもの!

アリサ、アリシア、アルハザード……以下etc

それにACEをかけているんですね? なんて深読みして。



はい、玉砕



そこからはもうなにもいいませんかきませんうまれてきてごめんなさい

最後にはなのはは完全に非日常の世界へ行ってしまいました。


「どこにも行かないよ」


それは誰の言葉だったか・・・。

必ず日常に帰ってくる魔法少女はもう古いのでしょうか?

そもそも日常に象徴はいらないんです。

彼女たちが過ごす何気ない日々そのものが、日常という世界そのものが象徴だと私は考えています。


・そのためのSTEPです

この物語は私なりに考えた、本当になのはたちがやるべきだった世界を描いているものです。

自分の願望を形にすることは二次創作を書く上では結構ポピュラーな動機でしょうが。

一人称にしたのはより深く、コミカルに全員を描きたかったから。

上手くいってるのかとは別にしてですが・・・。

どうもキャラによって語りを使い分けるのは骨が折れます。

その分やりがいもあるんですけどね。


では、今回はこのくらいにしておきます。


後は全てを完結させてから。

2クールなら丁度これからSTEPも折り返しです。

ここからまた魔法バトルもいくつか入れながら、魔法を縁に出会った絆の物語を書いていけたらいいなぁ、なんて思っております。



今回も長々、最後までお付き合いいただいてありがとうございました。


スポンサーサイト
【編集】 |  01:58 |  日々の戯言  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。