05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.10/18(Thu)

守り手 24話 


【More・・・】


 あれからしばらくして僕らはそれぞれの帰路に着いた。まだアリサは僕たちのことが聞き足りなさそうだったけどすずかに諌められて納得してくれたみたいだった。
 二人と別れた後、僕は桃子さんの提案でまたなのはの家で夕食をご馳走してもらうことになり、二度目の、人としての訪問をすることになった。

「初々しいなぁ、ほんとに。なんか恭ちゃんが忍さんを家に連れてきたときみたい」
「ご、げほっ! ……美由希、あまり変なことを言わないでくれ」
「だってかーさんから聞いたよ。二人であの赤字スペシャル食べてたんでしょ?」

 ある意味安らげる場所にはならなかった。ここではアリサの代わりに美由希さんが僕らの仲を聞いてくる。

「でもやっぱり量が多かったみたいなのよね……」
「だから俺はあれほど言ったんだ」
「あなたや恭也なら一人でも平らげちゃうから大丈夫かなって」

 なんであんな突飛な量だった理由はこの二人にあるんだと思った。やっぱり武術をしているとよく食べるんだろう。あれを平らげてしまうくらいなのかは別として。

「だが俺としては本当に二人がそういう……まぁ、なんだ、男女の付き合いをしているのか気になるわけだ」
「母さんが勢いで押し切った可能性だって捨てきれないしな」
「……そりゃ少しはそんなことはしたかな~って気もしないけど」

 ……思いっきりしてますよ。
 桃子さんは僕が考える以上にお茶目だった。

「まぁ、それはこれから見極めればいいか。……だがなのはは俺と桃子の、もちろん恭也、美由希にとっても大切な家族だ」

 士郎さんの目が真剣になる。眼光鋭く、それは見た人間を根こそぎその場に縫い付けてしまいそうなほどの威圧感を与えた。
 背筋が凍り、僕は一瞬で雰囲気に飲まれた。
 もしこれが戦場だったら確実に、瞬き一つした瞬間に、

(やられる――!)

「だから俺はここで声を大にして言いたい事がある。……いいか、ユーノ君」
「は、はい!」

 歴戦の猛者は僕に何を言うつもりなのか? わからない、まったくもってわからない。
 まさか決闘の申し込みなんてことはないだろうけど。
 喉が意識していないのに大きく動いた。
 そして静寂が破られる。士郎さんが口を開く。

「嫁にはやらん!!」

 いろんな意味で……やられた。

「なのはは可愛い娘だ! いいか、そんなに家の娘が欲しければ俺を倒して乗り越えろ!」
「お、お父さん! なんでそんな話になるのっ!?」
「いや、ドラマとかでよくあるだろ? こんな話。お父さん一度やってみたかったんだよ」

 実際そうだったら、多分誰もなのはをお嫁さんには出来ないです。
 この人も桃子さんと同じで…………お茶目だ。

「もう、ユーノ君を怖がらせてまでやることないでしょ」
「いや、すまん桃子。……でも嫁にやりたくないのは本音だからな」
「とーさん……それものすごく先のことだよ」
「だな」

 この世界じゃ何歳で結婚できるんだろうか。みんなの話からだと少なくとも五年や六年ちょっとものではないんだろう。

「まずは清く正しく、清純な男女交際をしなさいね」
「は、はい」

 今日は顔がよく火照る場面が多いな。
 なんだか無性に照れくさくなって頬をかいた。横目に見たなのはも同じように頬をかいていた。なんというか以心伝心なやり取りで、またそれを種にして家族が盛り上がる。
 緩やかに流れる団欒の中で僕はこの時だけはいつまでもこの時間が続けば良いと思った。もうそこに温もりに尻込みした僕はいなかった。

 そんなこんなで夕食も終わりを迎える。名残惜しさと共に僕は前と同じように家を出るとフェレットへと姿を変え、雨どい伝いになのはの部屋へ戻った。

* * *

「お帰り、ユーノくん」

 笑顔でなのはが出迎えてくれた。この前のように待つことがないのは嬉しい。

「ただいま、なのは」

 僕も笑顔でなのはに応えた。フェレットだけど人間のつもりで。

「はぁ……今日は楽しかったね」
「いろんことがあったしね」

 二人で町中を歩いて、ゲームセンターでぬいぐるみを取ってあげて、お昼ごはんを食べて。

「アリサちゃんたちにあんなこと言っちゃったけど」

 翠屋で桃子スペシャルに果敢に挑んで、アリサやすずかと会って、思わず口を滑らしたりなのはが大胆なこと言ったり……。

「本当のことだし、大丈夫だよ」
「……うん」

 晩御飯でみんなと話して、新しい一面を知って。
 今日一日は僕の新しい世界を見つけた日であり、その世界を冒険する日でもあった。

「大切な……思い出になるよ」

 胸に手をあてなのはは噛み締めるように口を結び俯いた。
 それを誰が楽しかったことを振り返るような姿と思えただろうか。

「……なのは?」

 いつしかなのはは体に重苦しい雰囲気を纏い、小刻みに震えていた。
 何かがスカートに弾け染みを作った。

「…………やだよ。わたし……ユーノくんと離れたく……ないよ」
「離れたくない……?」
「本当のこと言って……今日なんだよね? リンディさんとの約束の日」

 後ろ頭を思い切り殴られたような衝撃が、全身へ、心へ叩き込まれた気がした。
 忘れていたわけでない。僕だってそのことは覚えてる。あの日にリンディさんが最後に話した言葉。

 ――私の元で働いてみない?

 それは管理局に属するという意味でなく、リンディさん個人の願い。

 ――あなたの可能性を見てみたいの。

 結界魔導士としてその実力をもっと大きく伸ばせるように、彼女が僕にくれた一つの選択権。
 リンディさんは前々から僕のことを自分の下で結界魔法について学ばせたいという意図があったらしい。それが今回の一件を経て、より強く思うようになったということ。
 時空管理局の提督、直々の誘い。おそらく前例なんてない特例中の特例。
 大変な名誉に他ならない。

「……そうだよ」

 リンディさんは個人的趣味だから無理強いはしないと言っていた。でも僕の意志はその話を聞いた時に最初から決まっていた。
 それは魔法についてより深く知りたいというスクライア族譲りの探究心であり、自分の可能性を見てみたい好奇心であり、

 そして――

「答えは決まってるんだよね?」

 他ならぬ、なのはのために。

 傷は癒えもう痕も残ってない右腕。でも確かにここに刻まれている。鮮血の証が。
 僕は確かにヒュードラの一撃からなのはを守った。だけど完全に守りきれてはいなかった。
 なのはは僕のせいで感情を乱し、あわや最悪の事態さえ招いてしまうことに成りかねなかったんだ。なのはは守れたけど、僕はなのはの心まで守って上げられなかった。

「うん……隠すつもりはなかったんだけど」

 だからあの日一番星を見上げた時よりも、もっと強く僕は想った。

 守りたいと。

 鋼の決意。叶わせる願い。

「今日が楽しすぎて……言うの忘れてた」

 本当は今日一日だけ全て忘れようとしていたのかもしれない。約束の期日だというのにだ。

「わたしは忘れなかったよ。リンディさんに言われた時から」

 リンディさんも人が悪い。僕にだけ話してくれればよかったのに。
 いや、リンディさんはこうなることを見越していたから、なのはにも僕のことを話したんだと思う。

「だから今日一日は特別な日に、とびっきりの思い出にしようって……」

 なのは声は掠れている。なのはの精一杯の気持ち。それが今日という日なんだと痛いくらい心に響く。

「ユーノくんが……この部屋からいなくなっても……頑張れるくらいの思い出にしようって……」

 僕はやっぱり馬鹿なのかもしれない。ずっと見てきたじゃないか、なのはのこと。
 なのはは本当に誰かのためになると自分のことを顧みないくらいに尽くそうとする。それは確かに素晴らしいことなのかもしれない。
 だけどそうやって自分を押し込めるたびに傷つくことをなのは気づいているのだろうか。……気づいてはいない。気づいてても気づかない振りしてる。
 ジュエルシードを集めることに頑張る余りアリサと喧嘩したと前に聞いたことがある。アースラに乗り込んだ時は学校を休むようなこともした。
 かけがえのない日常を犠牲にしながらなのはは誰かために力を尽くす。そこまでなんで出来るのか、最初は僕もわからなかった。

「……なのは」

 もうこの姿でいる意味はない。僕は変身を解いた。
 一人泣き続けるなのは。いつもよりずっと小さく見えて、助けを求めるように震える体。
 そっと両腕でなのはを抱きしめた。

「……ユーノく……ん……!」

 僕の背中にもなのはの腕。強く、離れないようにぎゅっとしている。
 なのはに聞かせてもらったことがある。小さいころ、士郎さんが大怪我をしてなのははずっとこの家の中に一人でいたことを。
 今よりもずっと小さかったなのは。その子にとってこの家はきっとすごく広く思えて、その只中に独り残されてしまった孤独はすごく辛くて酷なものだった思う。
 寂しくて、悲しくて……僕は一人だったけど独りになることなんてなかった。いつも、どんな時も傍らには仲間がいてくれた。でも、なのはにはそれがなかった。

「なのは……」

 今だから思える。なのはも絆を求めていたのかもしれないと。
 誰かと繋がっていれば独りにはならない。支えてくれる人がいれば泣くこともない。悲しい気持ちになんてなるわけがない、むしろ楽しくて笑いあえるのかもしれない。
 手に入れたばかりの絆。それが今なのはの手から離れようとしている。

(離れようとしているのは僕……)

 それでもなのははそれを自分の中に押し込めようとしている。
 僕が、飛び立てるように。

(でもきっと、なのはは一人では飛べない)

 こんな時だけでも我がままになって欲しい。でもそれはなのは自身望んじゃいない。望めば僕は飛び立てないから。

「ユーノくっ……ん……ゆーの……くん!」

 連絡が取れればどれほどよかったか。リンディさんは言っていた。今度のアースラはこの世界からずっと離れた辺境へ任務に行くと。便りを送っても、何時着くか分からないほど遠くの場所に。
 咽び、泣き続けるなのは。どうすればなのはも僕も飛び立てるようになれるのだろうか。
 どんなときも笑っていられるような強さをもてるのだろうか。
 答えが出ない。出せない。

「……僕は」

 繋がっていられる。信じ続けられる。そんな都合のいい物は世界のどこを探したって見つかるわけがない。
 何にも屈しない強い絆を結ぶことの出来る方法なんて今の僕には――考えられなかった。

(本当に?)

 僕には何も出来ない? 

(本当にそうなのか?)

 いや――それは都合のいい、


 言い訳だ!!

 
(出来ないなら……ないなら作ればいいだろ)

 そうだ、道がないなら切り開けばいい。
 今まだでだって僕はそうしてきたじゃないのか? スクライア族は目の前の障害一つで全てを諦めるような人間だったのか? 

(そうだよ……あるはずなんだ)

 震える背中に手を回したまま僕はありとあらゆる情報を錯綜させ、組み上げ、今時分が出来る一番のやり方を自問した。

「ねぇ……なのは」

 そして僕は――見つけた。
 
 繋がって、信じ続けて、常しえに想い合えることを誓う儀式。あの家族の団欒が、僕にはない世界が、僕に光をくれた。

「今日は少し夜更かしできる?」
「……朝まで起きてる」
「はは、そこまでしなくても大丈夫だよ」

 背中を摩りながら囁いた。
 僕の様子になのはも埋めていた顔を上げる。相変わらず眼には涙が一杯でなのはの悲しみの大きさを訴えてくる。
 僕はそれをそっと指で拭ってなのはを見つめ、続ける。

「その突然すぎるのはわかってる……でも僕がなのはに送れる思い出はこれしかないと思ったんだ。準備も何も出来ないから……もしかしたらなのはの思うとおりに行かないかもしれないけど」
「いいよ……ユーノくんがくれる思い出だもん。今のなのはには何だって大切に出来るから」

 潤んだ瞳が僕を見つめ返す。
 きっと馬鹿馬鹿しいことかもしれない。僕らの年じゃごっこ遊びみたいなものに過ぎない。お粗末なもので終わるかもしれない。
 本来ならもっと大きくなって、もっとお互いを知って、何もかも受け止める覚悟があって許されるものだと思う。僕の独りよがりな考え方としても、だ。

 焦がれあう二人に許された互いを求め、誓い、確かめ合う儀式。

「うん、わかった。もう後悔はしないように」

 腕の中、なのはは僕のやろうとしていることを知ったわけではない。それでも背中に回された腕には一際強く力が入った。
 僕が映った瞳は切なげに揺れ、頬は桜色に、僅かに開いた唇が返事を紡いだ。

「……うん、なのはに世界で一番大切な思い出を……ちょうだい」

 心臓が高鳴った。
 そうだ年齢とか仕来りとか関係ない。
 好きって気持ちは誰にも止められないんだ。お互いが望むなら答えは一つしかない。
 どんな陳腐なものでも想いは伝わる。

 ――伝えられるのだから。

「じゃあ……」

 電気を消す。流石に寝たふりでもしておかないといざって時が大変だ。
 闇に包まれる部屋。窓から差し込む月明かりが唯一の光でそれが僕らを照らし出す。
 その窓を僕は静かに開ける。微かな夜風が僕らを優しく包み込んでいった。

 僕はなのはの手を取る。そっとエスコートされながらなのはは僕の隣に寄り添った。
 暗闇に冴えゆく眼が四角い夜空を捉える。幾千の星は今夜も儚げで、でも凛とした輝きを湛えていた。

「飛ぶよ……一緒に」

 そっと床を蹴れば僕らの体は空の只中。目指す場所はきっとこの世界にもあるはずだ。

「どこ……行くの?」
「秘密。その方がいいだろ?」
「うん……」

 僕たちだけに許された夜が幕を開ける。
 
 月明かりに見守られた夢か現か、幻想的なこの世界から――。
スポンサーサイト
【編集】 |  00:42 |  守り手  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。