04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/09(Sun)

守り手 14話 


【More・・・】


 お世辞にも綺麗とはいえない灰色の空。幾分かマシになった空気を軽く吸い込む。
 レイジングハートが廃熱を行い、白く染まった空気が所在なく流れていく。
 足場としての魔法陣は相変わらずの調子で回り続け、あるべき大地は抉られ遥か眼下にある。

「二人とも大丈夫?」
「ええ」
「うん」

 二人の声を聞いてようやく僕も安堵し大きなため息をついた。

「今の……ユーノくんが?」
「ううん、リンディさんのおかげだよ」

 そう、僕自身の力じゃない。リンディさんが教えてくれたから僕はあの魔法を発動できた。

(それに……)

 ちら、とレイジングハートを見る。
 なにより魔力流に飲み込まれる瞬間、彼女が僕の魔法が暴発しないように制御していてくれたからこそ僕達は命拾いできたのだ。一応、元レイジングハートのマスターであることが思わぬ偶然を生んでくれた。

「それにしてもとんでもないわね」
「ここ、地下だったんじゃないんですか」
「元ね」

 なのはの魔力もすごいけど流石に規格違いを見せられては言葉も無いみたいだった。
 無理もないと思う。あの爆発が天井はおろか地上にそびえていた研究所も跡形もなく消滅させているんだから。
 未だに四方から白煙が立ち昇る中でさっきと同じ形をしているのは僕達と、ヒュードラだけ。生命あるもの亡き後の荒野。その只中に僕達は今いる。

『…………んな無事!? あっ、良かった繋がった!』
「エイミィ! 通信が回復したのね」
『はい。今の爆発で周辺の湾曲値が一気に正常レベルまで回復したみたいなんです』
「正常に? あれだけの歪みが」
『正確には一箇所に集束したというべきなんですけど……』

 通信の内容を聞くに、おそらくその一箇所というのは一つしかない。
 爆心地で羽を広げたまま沈黙しているヒュードラ。それが今までの空間を湾曲させている張本人なら納得は行く。
 と、ヒュードラがゆっくりと首を上げる。緋色に光る瞳の遥か彼方に黒い太陽が浮かんでいた。
 でもそんな太陽は存在しない。くすんだ空を丸く縁取って不気味に揺らぐそれは穴と呼ぶに相応しい。多分あれがアースラで見た歪みの片割れなのだろう。

 ヒュードラはじっと穴を見上げたまま動かない。心中など察することの出来ない僕らにはヒュードラがこれから何をしようとするのか全く見当がつかない。
 不気味に沈黙を続けるヒュードラ。このまま事態が終息してしまえば何よりなのに……。
 淡い希望もすぐに露と消える。何の前触れもなくヒュードラの翼が突如としてはためくことで。

「あいつ飛ぶつもりなのか!?」
「行き先はあのゲート……? ――エイミィ!! ヒュードラがあの歪みに突入した場合の空間指数は計算できる!?」
『えっ? あっ、はいすぐに計算します。…………嘘、これって』
「どうなのエイミィ」
『両者がゼロ距離まで接近した場合の湾曲指数は……』

 言ってエイミィさんは口を閉じる。顔には苦渋が浮かびしばしの後、意を決するように口を開いた。

『クラス5の次元振が確実に発生するレベルです。ミッドチルダは確実に壊滅……広範囲に及ぶ他次元世界にも甚大な被害が予想されます』
「なんてことなの……。それにミッドチルダの近次元にはなのはさんの世界も」
「そ、そんな……」
『両者間における空間への干渉があまりに不安定すぎて一帯の空間強度は限界を超えています。下手をすればどちらかが近づくだけでも……』

 容赦ない事実は簡単になのはから表情を奪い去った。なのはにとっては何も知らされづくめの内にこれなんだから当然無理もない。
 でも僕だって薄々予感はしていても内心思いっきり頭を殴られたような衝撃が抜けきっていないのだ。
 なのはにとってそれはどのくらいのものなのか見当なんてつけるわけがない。絶対に。

「さっきの話ならトランスポーターは使えるわね、エイミィ?」
『え? あ、はいもちろん大丈夫です。空間自体は比較的安定してますからなんとか……』
「なら今すぐ転送お願いするわ。とにかくどちらかを何とかしなければいけない」

 リンディさんが捲くし立てる。僕にもわかるくらいその顔には焦りが映っていた。

「これから私はゲートの封印に向かいます。あれだけの規模だから空間を閉じるのにかなりの時間を要すると思うの」

 また艦橋のときと同じような表情をリンディさんはする。一瞬視線をそらし、目を閉じた。

「できるならヒュードラの足止めをお願いしたい。無理は承知の上、民間人のあなた達にこんなことを頼むなんて滅茶苦茶もいい所だけど」

 相手が相手だからこそ、リンディさんの言葉は重くどこか悲壮感さえ漂わせる。
 僕となのは、たった二人であの化け物を止めることは普通に考えても無理を通り越して無謀そのものだ。
 あの時のリンディさんの言葉を借りるのなら、まさに大人の勝手だ。

「……します、リンディさん。わたしの世界もミッドチルダも、他の世界だって壊させたくない」
 
 今まで黙っていたなのはが突然口を開いた。凛とした力の篭った声で。

「相手はすごく強そうだけど、レイジングハートが、ユーノくんがいるから大丈夫です。やらせてください!」
「なのはさん……あなた……」

 レイジングハートを握りしめ真っ直ぐにリンディさんを見詰める。
 そうだ、これは子供の勝手、僕達の勝手だ。リンディさんに言われたわけじゃない、自分達がやりたいからやること。

「僕からもお願いします。やらせてくださいリンディさん。だからそんな顔しないでください、リンディさんらしくないですから」
 
 言葉と共に頭を下げた。
 しばしの間、その後にどこか諦めたようなため息が頭の上で聞こえた。

「頼んでるのはこっちなのに、これじゃ立場逆転じゃない。本当に二人ともよく出来すぎよ。弱音とか吐いてもいいのよ、その歳なんだから」

 呆れたような調子でリンディさんはぽつぽつと言葉を漏らす。
 でもどこかその顔には今までの雰囲気は感じられなかった。ふっ切れたかのようにリンディさんはもう一度、ため息をつく。

「もっともクロノみたいな息子を持ってる身としてはそんなことも言えないか。あの子も二人と同じくらいのときにはもうしっかりしすぎてたし」
「リンディさん……」
「二人の気持ちはわかったわ、そこまで言うのならやってもらうわよ。ただし、絶対に無理はしないこと」
「はい!」
「ふふ、この事件が終わったらまた表彰物ね。それじゃ、行って来るわ」

 言うと同時に魔法陣がリンディさんの足元で輝く。僕達を背を向けその姿すぐに光に包まれる。
 転送が始まる寸前、リンディさんが右手を軽く上げる。リンディさんなりの励ましを見つめながら僕達は彼女を見送った。

 残ったのは僕となのはの二人だけ。

「なのは……そのごめん。なんだか滅茶苦茶なことになっちゃって、ほんとにごめん」
「いいの。だってこれはわたしが決めたことだから、みんなに迷惑はかけられないもん」

 静かにゆっくりと、なのはがレイジングハート構える。足には飛行魔法の証である羽がはためき彼女の意志が揺るぎないことを感じさせる。

「大丈夫だよ。あの時みたいにユーノくんがわたしの背中を守ってくれるから」

『Divine shooter』

「だから行こう!」

 たくさんの光に囲まれたその姿が、一瞬あの時の姿と重なって見えた。

「……うん、行こう!」

 なのはは砲撃魔法。
 
 僕は拘束魔法。
 
 それぞれの最初の一手を従え僕らはヒュードラ目掛け空を蹴った――。
スポンサーサイト
【編集】 |  18:40 |  守り手  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。